非線形解析セミナー


慶應義塾大学 理工学部 矢上キャンパス

矢上キャンパスへのアクセス
矢上キャンパス案内図

次回のセミナー

日時 12月21日(金) 16時45分〜
場所 14棟733(創想館7階ミーティング3)
講演者 谷 温之 氏(慶應・名誉教授)
講演題目 Classical Solvability of Radial Viscous Fingering Problems in a Hele-Shaw Cell
講演要旨 We discuss two-phase radial viscous fingering problem in a Hele-Shaw cell, which is a nonlinear problem with a free boundary for elliptic equations. Unlike the Stefan problem for heat equations Hele-Shaw problem is of hydrodynamic type.
In this talk the classical solvability of two-phase Hele-Shaw problem with radial geometry is established by applying the same method as for the Stefan problem and justifying the vanishing the coefficients of the derivative with respect to time in parabolic equations.
Included historical survey, present and future problems.


今後の予定

日時 1月18日(金) 16時45分〜
場所 14棟733(創想館7階ミーティング3)
講演者 後藤田 剛 氏(北大・電子研)
講演題目 Vortex dynamics of measure-valued solutions for the filtered Euler system
講演要旨 二次元乱流を特徴付ける性質として非粘性極限における流体のエンストロフィー散逸があり, 非粘性流体方程式であるEuler方程式の散逸性を持つ解が乱流を理解するうえで重要と考えられる. 一方で, 二次元Euler方程式については一意可解性を持つ初期値では解のエンストロフィー散逸が起きないことが証明されており, 散逸性を持つ解の構成にはより正則性の弱い解を考える必要がある. 本研究ではEuler方程式の正則化モデルであるfiltered-Euler方程式を考え, 特に点渦や渦層などの測度値の渦度を持つ弱解に注目した. 本講演では二次元filtered-Euler方程式の測度値解について, 正則化パラメータの極限での二次元Euler方程式の弱解との関係, 渦層解による渦パターン形成(ミシガン大学 Robert Krasny教授との共同研究), また点渦衝突によるエンストロフィー散逸(京都大学 坂上貴之教授との共同研究)の結果についてお話する予定である.



 セミナー世話人:
 井口 達雄(慶應義塾大学 理工学部 数理科学科)
 曽我 幸平(慶應義塾大学 理工学部 数理科学科)

 連絡先:
 井口 達雄 Tel: (045)566-1814 E-mail: iguchi@math.keio.ac.jp
 曽我 幸平 Tel: (045)566-1633 E-mail: soga@math.keio.ac.jp


セミナーの記録

戻る

更新日: 2018年12月11日