楽々 LaTeX

             まえがき


たぶん, この本を手にした読者は, TeX (テフまたはテック) という 言葉をどこかで聞いたことのある人が多いと思う. TeX は, スタンフォー ド大学のDonald E. Knuth (クヌース) 教授が作成した文書整形システムであ る. 現在, TeX はパブリックドメインで提供されており, 世界中で広く利 用されている. その出来上りは活版印刷に匹敵するものであり, 一度これを学ぶとなかなか捨 て難いものでもある. また, 近年, 日本語を利用できるシステムも現れ, 我が 国でも脚光をあびているシステムである.

TeX には, コンピュータサイエンスや数理物理学に関する本や論文に必要 な機能はすべて含まれているといっても過言ではない. 特に, 数式に関しては 他の追従を許さないものがある. 反面, \TeX{}には豊富な文書のレイアウト機能が備わっているので, この ような文書処理系に未知のユーザにとっては, これを学習しようと思うこと自 体が, なかなか勇気のいる代物である. \par

そこで現れたのが, Leslie Lamport (ランポート) によって開発された LaTeX (ラテフまたはラテック)である. この LaTeX は, UNILOGIC社 の文書整形システム Scribeとコマンド体系が同じに作られており, 文書の論理 構造と内容のみを指定するように設計されている. したがって, 最初にTeX を学ぼうと考えているユーザにとって, LaTeX はたいへん親しみ易いシステムであり, ほぼ簡単な規則さえ学習す れば, だれでもが TeX のすばらしい印刷を楽しめるようになる. 本書は, この LaTeX の解説書である. というより, 例題集といったほうが よいかもしれない. このような文書処理系は使ってみないとわからないことが多いので, LaTeX の評論家になったり, 人にやらせたりせずに, ぜひ自分で使ってみ てほしい. TeX をきらいだといっている人の多くは, どうも自分で使って いない人が多いような気がするからだ. とにかく, 最初は例題を見て, エディタを使って自分で文章を入力し, ファイ ルを作り, LaTeX 処理系を使ってタイプセットしてほしい. そうすれば, 必ず快適な LaTeXing が できるようになるからだ.

また, 本書は, 従来の LaTeX の本には, あまり詳しく記述されていなかっ た数式に関する事柄をくわしく記述してある. もし数式を必要としない読者は , その章をとばして読んでいただいても差しつかえない. しかし, 数式は興味 を持つとなかなか工夫のしがいのある事柄もたくさん含んでおり, 意外な所で 役立つコマンドも豊富にそろっているので, いちどは読んでほしい章でもある.

本書は, 当然のことながら全面的に日本語化した LaTeX を用いて記述し てある. また, 草稿を検討してくれた慶應義塾大学理工学部計算機科学専攻の 大学院の学生諸君に感謝するしだいである. 特に, 草稿を読んでくれた大学院 生の松永君や廣瀬君には, 大変お世話になった. また, 慶應義塾大学理工学部 電気工学科の大野義夫先生とbit 編集部の小山透さんにも感謝するしだいであ る.

                              1990年5月

                              野寺 隆志


楽々LaTeX 第2版のホームページへ

Tak. Nodera のページへ

野寺研のホームページへ <日本語>, <English>