活字は生きている

                           野寺 隆志


はじめに

ほんのちょっと昔の世代の人々には, ガリ版と呼ばれた印刷技術が 存在したのを御存知であろう. そういえば, 高校生になるまで 学校でもらう印刷物の ほとんどが, 先生の手になるガリ版刷りであった. また, 私の幼年時代の思いでの一つに, 夜鍋に裸電球の下で 「ガリ切り」をしていた父の姿を思い起こすことができる.

            
                  謄写版1号機

ゼロックスやリソグラフ(プリントゴッコの親玉)の無い時代なので, お手軽な印刷物を作るにはガリ版が最適であったように思う. このガリ版の技術, エジソンのミネオグラフと呼ばれる謄写版にヒント を得て日本で発明されたらしい. 滋賀県出身, 堀井新治郎父子がガリ版 の元祖である. このガリ版は 鉄筆と鑢版(やすりばん) を使って, 蝋引きの和紙を穿孔するという アイデアで, 染物の捺染技術からヒントを得て開発されたものである. このガリ版を使って, 学友と学校新聞や 文集, 詩集を作った思いでのある人も多いにちがいない. 私の小学生の卒業文集もこのガリ版刷りで, いまでも本箱の片隅に 眠っている. いうなれば, これがまさしく日本の DTP(デェスクトップ・パブリッシング) の走りと言っても過言ではない. なにせ, 文章, 図版の作成から編集, レイアウト, 製版, 印刷まで 自分で自由自在に行うことができるからである. 大正, 昭和の時代に青春をおくった人々は, このガリ版に郷愁を抱く 人も多いし, 反面, 美しい活字で印字された印刷物を好む人も多い. 日本語ワープロの根強いファンは, 決して若者だけではなく, 高齢者 にも少なくないのは, 活字印刷された書物への憧れであるように思われるからだ.

   

      ガリ版刷りの例              美術孔版印刷の例「美術謄写印刷研究家の工房」

今日, このガリ版はすっかり廃れ, ワープロやコンピュータを使った DTPが花盛りとなった. 特に, 日本語ワープロは, プロの世界でのみ利用されてきた活字印刷の技術を 庶民のものとした. しかし, このDTPの急速な普及は, 奇妙な事態を引き起こしつつある. それは, フォントマニアの出現である. フォントマニア. これは切手や コインの収集家と同じように, デジタル化されたフォント(書体)を 集める人のことである. 従来, 印刷技術はグーテンベルグの発明になる 活版と呼ばれるものが主流で, 文字の印字には鉛で出来た活字を利用してきた. これは植字工が文の一文字一文字を拾って, 組版を完成させるものであった. ただし, 今日の日本では鉛の活字に代わり, 写植と呼ばれる技術を使って植字をし 組版を作成する印刷屋さんが主流である. それもコンピュータを使った写植(CTS)が行なわれている. また, パーソナルコンピュータの世界では, アウトラインフォントとレーザプリンタ を使ったDTP が主流で, タウン誌, ダイレクトメールやコンビニのチラシ, 学校のクラブやサークルのお知らせ, 町の回覧盤などその用途は広い.

       
         フォント作成用ツール「フォントグラファー」

今日, アメリカでは, 2 万書体以上のフォントが有料もしくは無料の パブリックドメインとして流通しており, その数は日々増加している. 特に, パブリックドメインのフォントは, インターネットを通じて世界中 からアクセス可能である. 例えば, インターネットに参加しているサイトからは モザイク(MOSAIC)などを使って簡単に入手できる. また, アドビ・システムズ(Adobe Systems)などの 企業によって作成されものは, 各地のパソコンショップや通信販売を 通してフロッピーディスクやCD-ROMの形態で売られている. 当然, 最新のコンピュータ・ゲームを買うごとく, 様々なフォントが 普通のユーザによって購入されている. また, 売られているフォントに物足りなさを感じたユーザは, 「フォントグラファー (Fontgrapher)」, 「フォントモンガー (FontMonger)」 「アドビ・イラストレイター (Adobe Illustrator)」を購入して, 自作のフォントを作成し, それを 使って自分の文章をレーザプリンタを使って印刷する人も現れるようになった. フォントマニアは, 単なるフォントの収集家ではなく, ディジタルな 活字を自作してしまうことが可能なのである.

しかし, 日本語ではどうかと言えば, 一書体フルセットの フォントの自作はそれほど単純ではない. なにせ文字の数があまりにも多いからだ. これは日本語に, ひらかな, カタカナ, 漢字, 英字, 数字, 記号など合わせて, 一書体個人ベースで 最低3000字を作成する必要があるからである. これが売物になると, 8000字以上ないと商品としては成立しない. 日本語の書体は別名「{\gt 悪魔の文字}」と呼ばれることも多く, 印刷技術の発展はフォントの作成の技術の変遷であり, これと 悪戦苦闘した人々の記録でもある.

欧米では, 詩集などを出版するとき, 新しいフォントを一セット(約80 文字程度) 作成して, 出版することが行われていないわけではない. しかし, 過去に現在のようなフォントの収集が一般的に行われていたと は言いがたい. フォントの収集は, パーソナルコンピュータの普及により, ディスプレーやプリンタに印字するディジタル 活字の出現によって起ってきた新しい現象の一つではなかろうか.


写 植 の 父

現在の印刷は名刺や特殊な学術研究書, 論文などを除いて, ほとんどすべて鉛の活字に代わり, 写植文字による組版が使われている. 写植とは, ガラスで出来た文字盤から必要な文字を選び, レンズを通して 光源ランプで光りをあて, 印画紙に一字一字焼き付け, 植字を行うものである. 写植の基本原理は, 子供の遊び道具の一つである日光写真の原理と同じ ものと考えればよい.

この写植はグーテンベルグ以来500 年の間行われてきた活字印刷に終止符を打ち, 印刷組版の能率向上にはたした役割は非常に大きなものである. しかし, 写植技術の日本語への導入は, それほど簡単なものではなく, 戦前, 戦後を通じて一人の日本人の大変な努力の産物であった.

         
           『大漢和事典』の石井細明朝体の一部

その名を石井茂吉という. 大修館書店から発行されている諸橋轍次著『大漢和事典』を 御存知の人も多いと思うが, この事典のための5 万余事の全ての文字を一人で制作した人である. 彼はこの活字の制作に, 一日30文字, ほぼ8 年間の歳月を費やしてすべての 文字を完成させた. 従来の活字 と比較すると, 彼の制作した活字のできばえは優雅で気品に満ち溢れ, 後に「石井文字」または「細明朝体」として写植フォントの標準となった. 63歳という高齢からの出発であり, 晩年, 身体はあまり丈夫ではなかったが, 自らが育てた日本語の写植の技術が『大漢和事典』という世界的な出版 に生かされるチャンスと考えたからフォント制作を引き受けたと言われている. 後年, 諸橋轍次は石井に「石井茂吉こそ写植という新しい文字の 創造者であり, 現代の倉頡というにふさわしい」という書幅を送った.

               
            石井茂吉 氏(1887〜1963年)

写真植字機の製作からそのフォント作成まで, ほぼ一人で 成し遂げた石井茂吉. 能筆家で高潔な人柄であり, まさに名人という名に ふさわしい人であった. 石井は晩年に次の一首を読んだ.

「半生をかたむけ来つる文字の道なおきわめなん命のかぎり」

石井は, この5万語の文字をガラスの丸棒を定規代りに使って, 鉛筆で下書き をし, 直線は丸ペンで, 曲線は小筆を使って書いたと言われている. 従来の活版活字と違い, 自然な勢いを各々の文字に生かした石井明朝体は, 1960年代まで代表的な日本の写植フォントとして用いられた. ただ, この石井明朝体も基本的に手書きで作成されたものなので, 書体にかすかな雑音性が感じられる. 現在のように, 文字のデジタル化が進むに従って, この書体の雑音性が時代に そぐわないものになってきた. すなわち, 各文字には手書き文字特有の優美さがあるが, 手書き文字ゆえ, 各々の文字の大きさが多少不揃いに見え, 本文用としては総合的な集合美に欠けると考えられるようになった. 近年では, 多少線の太さは細めではあるが文字枠一杯にデザイン された整合性の高い平成明朝体と呼ばれるフォントが好まれるようになってきた. 現在, この書体は, 多くの日本語ワープロに使用されている.

時代が移り変るに従って, 我々の好みが変るごとく, 印刷文字のフォントも 用いられ方や読み易さなど, 様々な基準に従って変化するのである. なお, 初期のワープロで使用されていた日本語のディジタルフォントは, 「石井明朝体」の写植文字を参考にして制作されたと言われている.


 D. E. Knuth教授のイラスト

美しい本とTeX

クヌース(D. E. Knuth)と言う名を聞いたことがあるかもしれない. 現在, 彼はスタンフォード大学の数学者にして計算機科学者である. クヌース教授による『美しい本』の制作, まるで場違いのような科学者がどうして このような夢の作業に取りつかれたのだろうか. きっかけは, 1977年, `` The Art of Computer Programming, vol. 2, Semi-Numerical Algorithm''という本の改訂版の出版にあった. クヌースは「植字工が減って活版では組版ができないので電算写植でお願い します」という出版社の意向を受け入れたのはいいがが, 出来上がったゲラ刷りをみて愕然としたらしい. まず, フォントが汚くて気に入らない. 単語や行と行との間隔もデタラメ. ページの余白も満足がいかないし, 最悪な点は数式に含まれた記号の位置が不自然 で本文と調和しているとは思われなかったからだ. 今まで 植字工を使って作成していた組版が, コンピュータを使った組版になったとたんに, 醜い組版になってしまったからである. 「コンピュータを使ったもっと優秀な組版システムがあるに違いない」と考えた彼は, いろいろ検討した結果, 「現行では満足のゆく組版システムが存在しない」 という結論に達した.

そこで, 最終的にいろいろ考えた末, 自力でコンピュータによる組版システムを制作する決心をした. 彼は歴史に残る名工たちに劣らない出力が得られるシステムを作成するため, 入手可能な数百年にわたる植字工の技術に関する資料を集めた. それを読破し, 1982年に TeX'82 V.1.0 という文書成形システムを完成させた. システムが安定するまで, 彼はなかなかシステムのバージョン番号を V. 1.0にあげなかった.


    TeXによる組版の例(さあ, 下線の部分をクリックしよう)
このTeX は, ギリシャ語のτεχνμ の 頭三文字を取ったもので, テクノロジー(technology)を意味するものである. 通常, 「テック」または「テフ」 と発音されている. 私の記憶によれば, クヌース自身は「テック」と発音して いるようだ. また, このギリシャ語には, 「技術」という意味だけでなく, 「芸術」という意味も含んでいる. クヌースが TeX と命名した理由は 「現代人が作りあげたコンピュータには, 科学者だけでなく技術者や芸術に携わる人々が 現在のように異なった分野の専門家として君臨する以前の世界を蘇らせ, 科学と芸術 を一つの世界に結び直すことがきる」と考えたからである.

TeXはマークアップ方式を用いていている. その操作は パーソナルコンピュータの画面上で組版をレイアウトしたり制御したりする ウィジウィグ(WYSIWYG)方式のように簡単ではない. しかし, コマンド入力により繊細な調節が可能で, 論理的で数学的な 手法が用いられている. 特に, 数式と本文との調和がよく考えられ, 複雑な数式やコンピュータのプログラム リストなども美しく印字することができる.

TeXは, クヌース教授と彼の秘書が仕事をする上で, もっとも使い易いようなコマンド 体系に作られた私的な文書整形システムである. 文書整形の美しさやパブリックドメインのソフトウェアとして 無料で配布されたこともあり, 最初は口込みで スタンフォード大学の友人, 学生, 教授を中心に利用されていたが, その後全米, さらに世界各国の大学や 研究所で利用されるようになった. また, AMS(米国数学会)が TeX を使って 本や論文の文書整形を行って出版するようになり, 数学者の間では これが本や論文を記述するための必須アイテムとなった. ただ, TeXが爆発的に利用されるようになったのは, スクライブ(Scribe)を真似た\LaTeX{}がパロアルト(Palo Alto)のDEC社 に勤める研究員ランポート(L. Lanport)によって作成されてからである. 現在, この LaTeX は全世界の理工系の学生や研究者を中心に, 熱狂的な指示を 受けている. 昨年, 旧来の\LaTeX{}を改善した, LaTeX 2eもリリースされた. 近々, LaTeX V. 3.0が完成する見込みである.

TeX は, 現在, 英語だけでなく, フランス語, ドイツ語, アラビア語, 中国語など 数十ヶ国の言語に対応しており, 各国の言語に関連するマクロを TeX に 読み込ませるだけで, 各国語で書かれた文書の文書整形を行うことができる.

我が国でも, TeX がNTTの研究員やアスキー(ASCII)の人々により日本語化され, JTeX, JLaTeX の名前でユーザに利用されている. 今でこそ JTeXでは様々な日本語フォントが使えるように対応しているが, JTeX{} は, まさに大日本フォント(大日本印刷が提供したフォント)の出合により 完成さたといって寡言ではない. 大日本フォントはモリサワのポストス クリプト(postscript)フォントであるリュウミンライトと比較すると, 手書き文字 から作られたものであり, 大きさが多少小振りで文字に雑音性がある. クラッシックな感覚を持つフォントである. どちらかと言うと, 手作りフォントのよさを感じる書体だ.

    

また, 日本語の縦書きもサポートされている. クヌース教授は, 単純に『美しい本』を作りあげるために, TeX を開発したのでは ない. 『美しい本』そのものではなく, それを作る技術を広めて行くことを考え た. それも特定の技術者や芸術家たちによる伝承ではなく, まったく 未知の人々の手渡しによって行おうとしているのだ. 彼はコンピュータを 道具として使うことで, それが可能になると信じたからである. 後に, クヌースは「文芸的プログラム」と言う論文の中でプログラミングに 対する基本的な態度を次のように述べている.

我々はプログラム作成における伝統的な態度を変更すべきである. 計算機に何をすべきかを命じることが我々の主要関心事である という妄想を捨て去ることだ. むしろ, 我々が人間に何をさせたがっている かを説明することに傾注すべきである.

これはプログラミングがどこか文の構成力やことばを選ぶ感覚と同様の 能力を必要としていることを意味している. 日本のいにしえの格言に「文は人なり」というものがあるが, クヌースはまさに これを地でゆく人であるように思われる.


METAFONT

クヌース教授は, TeX の制作と同時に, このシステムで利用するフォント を作成するメタフォントMETAFONTと呼ばれるシステムも制作した. 前にも述べたが, 一つの文字は, 線の長さや太さ, 曲線の長さ, セリフ(字単の 小突起) の長さや角度から成り立っている. 特に, 英文字や記号は幾何学的な線を基にして作られている. もし, それらのものを変数として扱い, コントロールすることができるならば どんな書体でも作り出すことができる. おまけに同じ系列に属する特徴を まとめてコントロールすることも可能となる. これらの要求を満足し, フォント設計を行なえる数学的定義を利用した道具, メタフォントを作成したのだ.

このメタフォントは, TeX と同じ系列のコマンド体系で作られて いるが, 世の中では TeX ほど利用されているとはいいがたい. なぜなら, パーソナルコンピュータで使われている 「フォントグラファー」のように文字を画面で見ながら作成する ことができないからだ. いうなれば, コンピュータ言語のプログラムの 知識が少し必要になり, ずぶの素人ではちょっと刃がたたない. メタフォントもまたコンピュータ言語なのだから. しかし, メタフォントプログラムに慣れれば, 自由自在にいろいろなフォントを 作成できる. 一度, フォントの生成プログラムを作ってしまえば, あとは必要なプリンタの解像度に応じて, 印字に使うフォントファイルを 作成することができる.

例えば, メタフォント言語を使って 以下に示すような慶應義塾大学のロゴであるペンマークを 記述してみよう.


     慶應義塾大学ロゴマーク

入力テキストは, 次のように記述すればよい.

 1:  %-------------------------------% 
 2:  % 10-point Keio Univ. logo mark % 
 3:  % fontfile name: keiopenmark.mf %
 4:  %-------------------------------% 
 5:  u#:=1/4pt#;
 6:  px#:=.1pt#; py#:=.1pt#; 
 7:  define_blacker_pixels(px,py);
 8:  pickup pencircle xscaled px yscaled py;
 9:  kpen:=savepen;
10:  mode_setup;
11:  def keiologo=
12:  pickup kpen; uu:=w/160;
13:   x1 =11uu; x2= w-x1; y1 = y2 = 94.5uu;
14:   x3 =121uu;  x4= w-x3; y3 = y4 = 4uu;
15:   x35=145.5uu;  x36=w-x35;  y35=y36 =6.5uu;
16:   x5 =146.5uu;  x6= w-x5; y5 = y6 =32uu;
17:   x7 = 53uu;  x8= w-x7; y7 = y8 = 135.5uu;
18:   x9 = 35uu;  x10=w-x9; y9 = y10=134.5uu;
19:   x11= 15uu;  x12=w-x11; y11= y12=141uu;
20:   x13= 11uu;  x14=w-x13; y13= y14=137uu;
21:   x15= 29uu;  x16=w-x15; y15= y16=120.5uu;
22:   x17= 37.5uu;  x18=w-x17;  y17 =y18=118uu;
23:   x19= 36uu;  x20=w-x19; y19 =y20=110uu;
24:   x21= 26.5uu;  x22=w-x21;  y21 =y22=109uu;
25:   x23= 25uu;  x24=w-x23; y23 =y24=117uu;
26:   x25= 7.5uu; x26=w-x25; y25 =y26=133.5uu;
27:   x27=4uu;  x28=w-x27; y27 =y28=130uu;
28:   x29=11uu; x30=w-x29; y29 =y30=114uu;
29:   x31=119uu;  y31=71uu;
30:   x32=83.5uu; y32=109.5uu;
31:   x33=75uu; y33=34uu;
32:   x34=41uu; y34=62.5uu;
33:  %%
34:   draw z1--z3{z3-z1}..z35..{z7-z5}z5--z7;
35:   draw z7..z9..z11;
36:   draw z11--z13--z15;
37:   draw z15..z17..z19..z21..z23;
38:   draw z23--z25--z27;
39:   draw z27..z29..z1;
40:   draw z8--z32--z31--z2;
41:   draw z2..z30..z28;
42:   draw z28--z26--z24;
43:   draw z24..z22..z20..z18..z16;
44:   draw z16--z14--z12;
45:   draw z12..z10..z8;
46:   draw z33--z4{z4-z33}..z36..z6{z34-z6}--z34-33;
47:  labels(range 1 thru 34);
48:  endchar; enddef;
49:  beginchar("p",160u#,145u#,0); keiologo
50:  beginchar("q",120u#,3*145u#/4,0); keiologo
51:  beginchar("r",80u#,145u#/2,0); keiologo
52:  bye % end stop;
このようにプログラムを記述し, メタフォントシステムを起動すれば, ペンマークのフォントファイルを生成することができる. このペンマークを印字するには, まず入力ファイルの中で
\font\keiopen = keiopenmark
というように定義する. 次に, ペンマークを印字したい所で `{\keiopen p}'などと記述すればよい. すなわち, 図 3 に示した`p', `q', `r'の切り替えで, 本文中のペンマークの大きさを指定できる. このメタフォントは, TeXと共にパプリックドメインで, 無料で 配布されている. TeX V. 3.141の配布ファイルには, このメタフォント のプログラムが含まれており, TeX のソースプログラムを メークファイル(Makefile)に従ってコンパイルすると, plain TeX だけでなく, メタフォントも自動的に作成できるようになっている.

クヌースは, 「文芸的プログラム」の中で, メタフォントに関して次のように 述べている.

数学を使って定義できたフォントは, 伝統的な美の水準からみても美しく なければなりません. 「平面上に数個の点が与えられたとき, それらを繋ぐ最も気持ちのよい曲線 はどれだろうか」--- この疑問に答えるには興味深い数学が必要でした. (省略) この手法は, これまで書体デザインの仕事にたずさわっていた デザイナーを失業させるどころか, 彼等に協力な道具を与えることになる でしょう.

このメタフォントを使って, クヌースは TeX の CMR (Computer Modern Roman) フォント を作成したのであるが, `S'のフォントを作るのに 大変苦労した話が逸話として残っている. 名人クヌースにして, `S'のフォント設計に三日三晩考えたらしいのだ.


手書き文字フォントを作る

自分の手書き文字をパーソナルコンピュータやワープロの 文字フォントとして利用する方法はないのであろうか. この答は, 「イエース」. 今では, コンピュータの力を借りることができれば, 名人, 石井茂吉の力を借りなくても誰でもできる. ただし, 通常, 画像を入力する ための道具で, スキャナーと呼ばれる 入力装置が必要である. 近頃ではこの装置, ワープロに 最初から搭載されている場合が多い. 自分で描いた文字をスキャナー で画像として取り込み, 後は「フォントグラファー」などのソフトウェア を使ってディジタル活字に加工し, フォント表に登録すればよい. 一度, ディジタル化してしまえば, 後は拡大縮小, 回転など自由自在だ. おまけに, もし, 文豪夏目漱石のペン書きの文字で文章を印刷したければ, 彼の原稿のコピーを入手し, 同様の処理を行えばよいことなる. こんなことが出来ると, ほんのちょっとだけ漱石になった気分になれる. 「他人の文字で文章を印刷する. そんなこといやだね」と思っておられる 方もいるにちがいない. しかし, 今自分が使っているコンピュータのディジタルな印字フォント も, 最初はだれか他人の記述した文字や石や木に彫られた文字を参考にして 作られたものであるのをお忘れになってはいないだろうか. 第2節でも述べたが, 初期のワープロのディジタルフォントは, 「石井明朝体」 をお手本として作成されたものだから.

パーソナルコンピュータを使って, 手書き文字の ディジタルフォントを作成すれば, あの懐かしいガリ版ずりを再現して 楽しむことはそれほど無理なことはない.

ディジタルフォントは, 活字デザイナーだけでなく, 必要とあればズブの素人のおじさんでもパーソナルコンピュータの フォント作成ツールを使っていとも簡単に制作できる. デジタルフォントの出来不出来は別ものとすれば, コンピュータにより活字の民主化が 行われたと言えるのではないだろうか.

時代とともに, 印刷に用いられる活字は変化して来た. 今日でも, 鉛活字を使った 力強い活版印刷に魅力を感じる人も少なくない. しかし, 活字を拾う植字工の高年齢化が進んでいるし, 新しく鉛の活字を作成する所も少なくなった. 今までの印刷屋さんは, 3Kの職場で, 若者離れも進んでいた. いずれ活版印刷に使われている活字は, すべてディジタルなフォント に置き変るだろう. そんな日は以外に近くまでやって来ている のかもしれない.

近年, 数十年の 間, 鉛の活字を拾っていた植字工が, コンピュータの入力作業に転職する 人も多いと聞く. 50代後半の人がコンピータ入力を習う. 並の努力ではできないと思うが, おもしろいことに 彼等の仕事は多少のむだは伴うけれども, 組版の出来上りはむしろ20代の 女子工員の入力よりも優れている. 数十年間の組版作業により身体が覚えた技術は, コンピュータによる組版に代った今も自然に生かされるらしい. 長年, 職字工によって 培われて来た活版の技術は, コンピュータ によってディジタル化された印刷の世界にも 脈脈と伝承されて行くらしい. まるで, クヌース教授の『美しい本』の考えと同じように. 人とコンピュータのコミュニケーションを通して, 作品としての美しい本だけでなく, その技術も含めて伝えられる.


参考文献

[1] C. Robinson and D. Gray, `` The Fonts Coach,'' New Riders Publishing, 1993.

[2] Fontgrapher ユーザーズマニュアル, 1993.

[3] 紀田順一郎, 『日本語大博物館』, ジャストシステム, 1994年.

[4] 津野海太郎, 『本とコンピュータ』, 晶文社, 1993年.

[5] 中西 秀彦, 『活字が消えた日』, 晶文社, 1994年.

[6] 野寺 隆志, 『楽々 LaTeX(第2 版)』, 共立出版, 1994年.

[7] D. E. Knuth, `` The TeX book,'' Addison-Wesley, 1984.

[8] D. E. Knuth, `` The METAFONT book,'' Addison-Wesley, 1986.

[9] D. E. Knuth, `` The Letter S,'' Mathematical Intelligencer, Vol. 1, 1988.

[10] D. E. Knuth, `` Literate Programming,'' CSLI, Lecture Notes No.27, 1992.

[11] D. Fibonacci, `` The Book of Square,'' an annotated translation into modern
   english by L. E. Sigler, Academic Press, 1987.


エッセイの目次のページへ

Contribtion Data のページへ

野寺研のホームページへ <日本語>, <English>