履修及び研究について

  1. 教育・研究方針
  2. 前期博士課程(修士課程)の履修科目と修了要件
  3. 後期博士課程の修了要件

1. 教育・研究方針

数理科学とは

数理科学とは,数学および,数学と諸科学との関係領域に構築された研究分野を総称するもので,数学理論(いわゆる純粋数学)の追求と同時に,現実現象の記述(抽象化・定式化・モデル化)の開発にも重点を置いています. 研究対象は極めて抽象度の高い純粋数学から,具体的な現象のデータを扱う統計学まで, 多岐にわたります. また, 非線形現象,相転移,液晶や超伝導などの理学や工学と関連した研究,数理ファイナンスなども研究対象です.

主な教育・研究主題

数理科学専修における研究分野は,高度に抽象化された基礎数理分野から,諸科学への応用に直結する応用数理分野までの幅広い分野をカバーしています. 具体的には,本専修は,次のような分野を核とします.

  • 代数学
  • 幾何学
  • 数理解析
  • 確率論
  • 統計学
  • 離散数学
  • 計算数学

教育方針

数理科学専修の修士課程の学生に望むことは,まず自分の力で考えることです. その上で,読む-- 書く-- 話すの3つの能力を身につけてほしいと思っています.

  1. 読むこと
    修士課程における第一の目標は,数学や数理科学に関する基礎をきちんとマスターすることです. その分野においてどのようなことが問題とされ,研究されているかを, 本や論文を読むことによってきちんと把握して下さい. そのための指針となるような講義も開講されています.
  2. 書くこと
    修士課程修了のためには,修士論文を提出する必要があります. 修士論文は修士課程在学中に勉強・研究して得た多くの知識を使って,新しい問題に取り組み, 十分に研究し, しっかりした, 質の高いものを書きあげて下さい.
  3. 話すこと
    普段のセミナーを通じて, 数理科学専修の学生さんたちの発表能力は大いに鍛えられます. 指導教員の推薦があれば,研究集会や学会で発表することも大いに推奨します.課題研究発表会, 修士論文発表会においても十分に準備をして, 多くの人達に理解してもらえるような発表を期待しています.

履修および研究について(修士課程)

慶應義塾大学理工学研究科は、2016年度から「主専門-副専門制」を柱とする新カリキュラムに移行しました.新カリキュラムは、2016年4月以降の入学者から適用されます.

詳しくは、
http://www.gakuji.keio.ac.jp/yagami/new_curriculum.html
および
http://www.gakuji.keio.ac.jp/yagami/new_curriculum/11.html
をご覧ください.

数理科学の研究指導について

数理科学専修における大きな特徴の一つは,指導教員によっておこなわれるセミナーです. これは学生と指導教員との間で1対1もしくはそれに近い小人数で行われます. 学生はこのセミナーを通して問題の定式化やその解決に必要な方法を学びます. 具体的には課題研究と特別研究第1がその科目です.

課題研究科目

入学して数理科学専修所属の教員の中から諸君の指導教員が決まると,セミナーを通して指導を受けることになります. 最後に,そこで学んだ(あるいは研究した)内容をまとめたレポートを提出し,課題研究発表会においてプレゼンテーションを行うことにより,基礎理工学課題研究の単位を取得します. これは,その後に本格的な研究を始める出発点となるもので,課題研究を含む所定の単位数を取得することにより,修士論文着手が認められます.

標準的には,入学時から一年間かけて課題研究科目の単位を取得しますが,指導教員が十分な学力を認め,修士論文作成のための研究に進んでもよいと判断した場合には,入学から半年で課題研究の単位を取得し,修士論文にとりかかることもできます.

特別研究第1

課題研究科目を履修し修士論文着手が認められたら,基礎理工学特別研究第1を履修します. これは,修士課程修了に必要な修士論文の作成に関する指導を受けることを目的にした科目です. 修士論文を作成し,修士論文発表会で発表することで修士論文の審査を受けることになります. これに合格すれば基礎理工学特別研究第1の単位がつき,修士の学位を取得することになります.

数理科学専修では,修士(理学)と修士(工学)の学位を取得することができます. どちらの学位にするかは,指導教員とよく相談して決めてください.

入学から修士課程修了までは通常2年ですが,特に業績や能力が認められた場合には,課題研究や特別研究第1を半年で取得し,合計1年半または1年の在学期間で修了することもできます.