就職情報

卒業後の進路

歓迎されるより高度な数理科学の知識

数理科学科では,卒業後,大学院修士課程に進学する学生が多数います.その進学の動機としては,奥深い数理科学のさらに進んだ研究を目指すというのが最も多いようですが,必ずしもそればかりではありません.より高度な数理科学の知識が,企業や教育の現場においても歓迎されるからです.

就職に関しては,各企業に就職した卒業生の活躍もおおいに貢献し,数理科学科の卒業生は「柔軟な発想と広い視野を備えている」,「抽象的・本質的なもののとらえ方ができる」といった定評ができており,幅広い職種の企業から数理科学科の卒業生が歓迎されています.実際,卒業生の就職先は,電気機器などのメーカー,鉄道,コンピュータ・ソフトウェア,銀行,保険,商社など多岐にわたっています

また,数理科学科で教職科目を履修して卒業すれば,中学校・高等学校教員の1種免許(数学,情報)が取得できます.この免許を生かして,毎年2,3人から数人の卒業生が中学あるいは高校の数学教員を志します.

学部卒業生の進学・就職の割合は年ごとに異なりますが,大まかに言って進学と就職が同じくらいの割合です.

    • 進学
    • 学校推薦
    • 自由公募
    • 職員・公務員
    • その他
  • 2011年度学部卒業生

    計61名

  • 2012年度学部卒業生

    計56名

  • 2013年度学部卒業生

    計44名

修士課程修了者を採用したいという企業も多く,修士課程修了者の就職状況も良好です.近年では,中学・高等学校の教師になることを希望する場合は修士課程を修了した方が有利です.

    • 進学
    • 学校推薦
    • 自由公募
    • 職員・公務員
    • その他
  • 2011年度修士修了生

    計21名

  • 2012年度修士修了生

    計26名

  • 2013年度修士修了生

    計32名

*「その他」には,公務員試験受験希望者等を含みます.

企業は,数理科学を学んだ人材を求めています

企業からの求人は例年数多くあり,そのうち学校推薦を希望している企業も多くあります.2013年度の学校推薦企業数は学部,修士ともに19社,2014年度は学部,修士ともに20社です.複数人の推薦希望もあるため,学校推薦希望数は数理科学科一学年の就職希望者を上回ることになります.主な学校推薦企業は,

NTTデータ,大日本印刷,日立,東芝,富士通,日本電気,沖電気,IHI,キヤノン,日本ユニシス

などです. 但し,数理科学科の学生が希望することの多い金融や保険会社は学校推薦という制度自体を採用していないこと,また,学校推薦という制度に伴う制約を望まない学生が多いため,数理科学科では学校推薦よりも自由応募で就職する学生数の方が多くなっています.

2013年度の主な就職先は以下の通りです.

NTT先端技術総合研究所,日本生命保険,三井住友海上火災保険,損保ジャパン,みずほフィナンシャルグループ,みずほ信託銀行,ゴールドマン・サックス証券,SBIグループ,日本総合研究所,ニッセイ情報テクノロジー,コムシス情報システム,塩野義製薬,近畿車輌,光通信,日立システムズ,ワークスアプリケーションズ,自衛隊幹部候補生,ステップ,狭山ヶ丘学園,都立高校など